お知らせ

第183回全経簿記検定が施行されました。

春に新出題範囲がいったん発表され、結果1年先送りされましたが、
今年度の出題にどのような変化があるのか、
注目されていた方も多いと思います。

もちろん、出題範囲改定に伴う変更はないはずですが、
春に行われた「新出題範囲説明会」(主催者実施)では、
出題範囲の変更を伴わない新傾向もあわせて発表されたようです。
例えば、
・3級:商品有高帳を締め切らせる出題
・3級:計算問題をTフォームで出題(2級は既出)
・2級:伝票は3伝票制で出題
などです。

これらは今年度すぐに出題される可能性は低いとみていましたが、
今回3級において、商品有高帳を締め切らせる出題がありました。
内容的に難易度が高いわけではありませんが、
3級ということで戸惑った受験者もいたことでしょう。

弊社の問題集でも、商品有高帳について締め切らせる問題は掲載していませんでした。
11月検定に向けての改訂の際に、対応していきたいと思います。

全経簿記検定対策の教材をお求めの方はこちらへ。