トピックス

《検定雑感》第196回全経簿記検定1級

【1級商業簿記・会計学】
商業簿記・会計学の出題形式は、毎回変化しています。特に第3問、第4問にこれまでにない論点と形式が登場しています。これから受験を考えている方は、まず弊社の「直前模試」に記載のある問題で基本論点をしっかり身につけて欲しいと思います。新しい論点や形式については、タイミングよく情報発信をしていきます。

第1問 理論問題
企業会計原則第一一般原則と注解から「継続性の原則」の出題でした。一般原則は会計の基本をなす原則ですから、確実に理解しておきたいものです。一般原則は、原則の初めに書かれていますので、多くの受験者は目を通していた内容であるはずです。前回の出題も一般原則でしたから、何とか記憶をたどり半分は得点したいところでした。(弊社刊「直前模試」を学習された受験者は、半分以上の点数を獲得できたのではないでしょうか。)出ないと予想した人には厳しい問題でした。

第2問 仕訳問題
1級の範囲として重要な論点を中心に出題されています。今回は、処理に時間のかかる問題が多かったという印象です。荷為替引受けによる未着品の仕入、支店間取引の本店の仕訳、発行社債の決算整理、固定資産の買換え、固定資産の取得と資産除去費用の資産計上、外貨建債務の決済が出題内容でした。支店間取引の問題が久しぶりに出題されましたが、他はここ1年以内に出題されている論点でした。いずれも重要な論点であり、一部出題範囲改定に関連したものでもありました。固定資産の買換えや社債の決算整理は時間がかかる問題でしたから、要領よく解答することが求められました。4つは正解して欲しいところでした。

第3問 経営分析
ROA、ROE、流動比率、自己資本比率の算定でしたが、代表的な経営指標です。過去に何度も出題されている重要な論点ですから、多くの受験者は対策が十分であったと思われます。また、弊社刊「直前模試」にも代表的な問題として出題していますから、本書を利用された受験者は十分対応できたと思われます。

第4問 合併貸借対照表の作成問題
合併会計の特徴は、①被取得企業の取得の対価(取得原価)を交付する株式の時価とする、②被合併会社の資産・負債を時価(公正な評価額)で受け入れる、①のほうが大きければ「のれん」が計上される、この論点を確実に押えて処理すれば満点が可能です。重要な論点ですから、出題頻度も高くなっています。もちろん弊社の「直前模試」にも出題しています。

第5問 損益計算書の作成、貸借対照表の負債の部・純資産の部の作成の問題
決算整理事項等は仮払金、仮受金の整理、消費税の整理、売上勘定の修正、有価証券の評価、期末商品の評価、引当金の計上、経過勘定の整理等、ほぼ固定された出題内容でした。第5問はボリュームがありますから、高得点を獲得するためには、素早い対応が求められます。
各諸表作成の論点は、「直前模試」の問題とほぼ同様でしたので、事前に「直前模試」を何度も練習した受験生は、時間配分を誤らない限り高得点を獲得したのではないでしょうか。

全経簿記1級商簿・会計直前模試はこちら


【1級原価計算・工業簿記】
全経簿記検定の総合問題は、原価計算の手続と勘定体系がしっかり学習できていれば高得点が可能です。また、原価計算を理解する問題として、とても良い問題であると思います。原価計算を学習する人には一度は解いてもらいたいものです。
最近の傾向として、出題論点は安定しているのですが、出題の形式が変化しています。弊社の「直前模試」は、上述の内容を考慮し、本試験に十分対応できる内容構成をとっていますが、常に傾向を分析し、受験者の希望に添える教材をこれからも提供していきたいと考えています。

第1問 理論問題
文章中の正しい用語を選択する二者択一の問題でした。昨今は出題形式もいろいろ工夫されているようですが、原価計算基準の内容から逸脱したものではありません。出題内容は原価計算の目的、原価の諸概念、費目計算における原価の諸概念、材料費会計、副産物等の処理と評価、実際原価計算における原価差異からでした。これらの内容は、原価計算や工業簿記の会計処理上知らなくてはいけない用語群でした。予想が外れていても応用を利かせ部分点を獲得しなければいけない問題でした。弊社の「直前模試」などは部分点狙いには最適でした。

第2問 仕訳問題
出題区分表の全般から、自家用機械の製造・振替、等級別製品の原価按分、次工程への振替、作業時間差異の計算、製品の完成と販売、未払賃金給料の計上等、出題頻度の高い論点を中心に出題されています。出題されている論点は、基本的かつ重要な内容です。弊社の「直前模試」の問題も同様の趣旨で掲載しています。弊社の「直前模試」で対策は十分であったと思われます。基本を確実に押えた受験者は、高得点が可能でした。

第3問 個別問題
直接原価計算による損益計算書の作成、損益分岐分析が出題されました。過去186回、189回に同様の出題がありました。直接原価計算や損益分岐分析を苦手としている受験者が多いようです。基礎固めや練習時間が不足している印象です。参考書や問題集でしっかり基礎を固めた受験者は納得のいく点数を得ることが可能でした。(弊社の「直前模試」でも出題しておりました。)

第4問 総合問題
個別原価計算の各勘定記入、製造指図書別原価計算表の作成を問うものでした。一つひとつ資料を読み込んで数値を算定して埋めていけば高得点が可能でした。
ただし、第4問はボリュームがありますので素早い対応が必要でした。弊社の「直前模試」や過去問題を何度も解く必要がありました。

全経簿記1級原計・工簿直前模試はこちら

消費税率改定について

10月1日より消費税率が改定されます。
弊社の書籍・商品をご注文いただいた場合、
10月1日発送分より消費税率を10%ととして計上させていただきます。
9月30日にご注文いただきましても10月1日以降の発送となる場合は、
消費税率は10%となりますので、
ご注文時に必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。

上記に鑑み、ショッピングサイトは9月30日16時に
一旦クローズさせていただきます。

解答用紙(無料ダウンロード)を更新しました。

●解答用紙が無料でをダウンロードできます。
最新版の準備が整いました。
 全経簿記検定試験PAST 2級商簿(188回類題~195回類題)
 全経簿記検定試験PAST 3級商簿(188回類題~195回類題)
 全経簿記1級商会直前模試(2019年11月検定対応)
 全経簿記1級原工直前模試(2019年11月検定対応)
 所得税法2級直前模試(令和元年度検定対応)
 所得税法3級直前模試(令和元年度検定対応)
 法人税法2級直前模試(令和元年度検定対応)
 法人税法3級直前模試(令和元年度検定対応)
 消費税法2級直前模試(令和元年度検定対応)
 消費税法3級直前模試(令和元年度検定対応)
「ダウンロード」-「解答用紙」、もしくはこちらからダウンロードしてください。

【書店様向け】注文用紙を更新しました。

●ファクシミリ用注文用紙を更新しました。
●下記書籍を改訂いたしました。
 全経簿記検定試験PAST 2級商簿(188回類題~195回類題)
 全経簿記検定試験PAST 3級商簿(188回類題~195回類題)
 全経簿記1級商簿・会計直前模試(2019年11月検定対応)
 全経簿記1級原計・工簿直前模試(2019年11月検定対応)
 所得税法2級直前模試(令和元年度検定対応)
 所得税法3級直前模試(令和元年度検定対応)
 法人税法2級直前模試(令和元年度検定対応)
 法人税法3級直前模試(令和元年度検定対応)
 消費税法2級直前模試(令和元年度検定対応)
 消費税法3級直前模試(令和元年度検定対応)
●出荷は9月2日(月)からです。
●本注文用紙の期限は、2019年12月15日です。
こちらからダウンロードをお願いします。